ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

473位 UP

建築設備ブログ

このブログのエントリランキング ( 過去のランキングへ )

1位

換気回数

換気回数とは、単位時間当たりに、部屋の空気が何回入れ替わったかを示す指数。 1時間あたりに部屋の容積(面積×天井高さ)に対してどれだけの空気が流入・流出したか

2位

ナイトパージ

ナイトパージとは、夏場などの冷房時期に、昼間に建物内部・躯体に蓄積された熱を、夜間に温度が低い換気を行う(外気を取り入れ、室内の空気を排出する)ことで冷房負荷を

2位

衛生器具

衛生器具とは、建物内の便所、浴室、厨房などで直接居住者と接して湯水の供給、汚水・汚物の排出などに使われる装置であり、一般に次のように分類される。 ?給水器具  ・給水栓  ・洗浄弁  ・ボールタップなど ?水受け容器  ・大便器、小便器、洗面器類  ・流し類  ・浴槽など ?排水器具  ・排水金具類  ・トラップ  ・床排水口 ?付属品  ・鏡  ・化粧棚  ・石鹸受け  ・ペーパーホルダー

4位

リフトフィッティング

リフトフィッティングとは、空調設備の真空環水式の環水管等で垂直配管のドレンを引き上げるために、下部のU字型継手に水をためて、一回り呼び径の細い垂直配管を上下の圧

4位

電気の文字記号(略称)リスト

電気設備で使われている文字記号(略称)とその名称の一覧表リスト。 ついでに文字記号の略語は何を表しているか(英語に略すとどうなるのか)調べてみた。 平成19年(2007年)度版公共建築設備工事標準図の電気設備工事編の第一編共通事項の文字記号を網羅し、その他調べた資料で載っていた略号等を追加して作成しました。 図記号は省略。 ちなみに平成19年度版公共建築設備工事標準図の電気設備工事編はこちら。 受変電...

6位

消防設備の届出書類

消防設備の届出書類には、着工届、設置届がある。着工届の正式名称は、工事整備対象設備等着工届出書 で設置届の正式名称は、消防用設備等(特殊消防設備等)設置届出書 

6位

希釈サイクル運転

吸収式冷凍機では、運転を停止した時に配管やポンプ内の吸収液が高濃度のまま冷却し、結晶になって固着する。 希釈サイクル運転とは、これを防止するために、運転の停止と

6位

ハライドトーチ

ハライドトーチとは、フロン系冷媒のガス漏れを検出する装置。 バーナーの炎がフロン系冷媒に接すると、赤紫から緑色に変わり、漏れが多い場合には紫色になる。

6位

レリーズ

レリーズとは、防火戸を全開状態にするための電磁石のこと。 火災があると煙感知器の動作により、電磁石の電気が切れ、扉が自動的に閉まるようになっている。 マグホールドとも言われている。 マグホールドとは

6位

チャンバー

チャンバーとは、空調ダクト用の空気室のことで、騒音を吸収するため(消音)や空気の混合・分岐などの目的で設置される箱状の装置のこと。 エアーチャンバー、チャンバーボックスなどとも言われる。 用途によって消音チャンバー、混合チャンバーなどと言われるものもある。 天井内チャンバー方式とは、2重天井内(天井と上階の床の間)をチャンバーボックスとして、 空調を行う方式でダクト工事を省略する方法。 床下チャン...

6位

新有効温度(ET*)

新有効温度(ET*)とは、湿度50%を基準とし、気温、湿度、気流、放射熱、作業強度(met)、着衣量(clo)の6つの因子により計算された環境を総合的に評価したものである。 有効温度は湿度100%を基準としているが、一般環境とはかけ離れており、長時間滞在時の温冷感とは一致しないために新有効温度が用いられるようになった。 ET*とは、New Effective Temperatureを意味する。 ASHRAEでは気温=平均放射温度、相対湿度40%...

6位

掃除口

掃除口とは、排水管内の掃除・点検のために使用し、常時は閉鎖しておく排水系統の要所に設けられる開口部のことをいう。 横走り配管の起点、横走り配管の途中、45度以上の方向、立て管の底部、排水横管の合流する箇所、排水横主管と敷地排水管の接続箇所などに設ける。

13位

空調機(エアコン)のメーカーリンク集

空調機(エアコン)のメーカーリンク集をまとめてみました。EHP(電気ヒートポンプエアコン)のリンク集です。東芝キヤリアダイキン工業三洋電機【業務用】三洋電機【業

13位

平成22年度の技術士第二次試験案内

平成22年度(2010年)の技術士第二次試験案内が社団法人日本技術士会のホームページに載っていました。 ●受験申込書の受付  郵送及び窓口受付は 4月16日(木)~5月7日(金)

13位

平成22年度の建築設備士試験案内

平成22年度(2010年)の建築設備士試験の案内が、財団法人建築技術教育普及センターのホームページに載っていました。 ●受験申込書の受付  平成22年3月8日(月) ~ 3月31

13位

アナンシエーター

アナンシエーターとは、ランプやブザーによって信号の発信元などを表示する装置のこと。信号表示装置、表示盤のこと。英語でannunciatorで、通告者を意味する。

13位

排水用耐火二層管

排水用耐火二層管とは、硬質塩化ビニル管(VP管・VU管)の外側に、繊維混入セメントモルタルの耐火被覆を設けた配管のこと。遮音性が優れ、断熱性があり、防露のための保温

13位

インシュレーションスリーパー

インシュレーションスリーパーとは、配管用の断熱支持金物のこと。Uバンドで使用する台型やハンガー型などの種類がある。

13位

ホットウェルタンク

ホットウェルタンクとは、蒸気を利用した機器や配管で発生する高温の凝縮水のうち、ボイラに戻す還水を一次的に貯留するための水槽のこと。還水槽、還水タンクとも言われて

13位

通気ヘッダー

通気ヘッダーとは、複数の通気立て管の頂部を接続して、大気への開放部へ導くための通気横主管のこと。

次へ
下北沢ブロイラー

おすすめブログ

本日のブログ

新着エントリ