ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

575位 DOWN

市川隆久の大まじめブログ

「国家は悪いことをする」と考える風潮がどうして起きたのかを検証し、日本はこれからどうしたらよいのか、を考えていきます。

政治 一般

ランキング
対象 総合 カテゴリ別 サブカテゴリ別
本日 575位 7位 7位
前日 574位 8位 8位

このブログのエントリランキングヘ

最近のエントリ

17:01
9/25

江戸幕府や大名も民百姓をいじめた、とウソをつく

前回の「殿様は貧しくなった」の続きです。 江戸時代後期には、いろいろな藩が藩営事業をはじめましたが、商人を介さないので利益は全て藩に入ります。薩摩藩は500万両の借金を抱えていました(藩の税収が年間せいぜい20万両未満だったので、それより借金の利息の方が多かったのです)。そこで砂糖の藩営事業をはじめ、それが大成功しました。そのうえ江戸・大阪・京都の商人から借りた借金を踏み倒して財政再建に成功し、...

17:01
9/24

殿様は貧しくなった

前回の「江戸時代、全ての生産物をお米に換算していた」の続きです。 江戸時代、幕府や藩は商人から年貢を徴収していませんでした。江戸初期まで商人の存在など微々たるもので、年貢を徴収しても大した金額になりませんでした。税を徴収するにしても手間と費用がかかるので、商人たちを放置していたのです。 徳川家康は日本で初めて小判(慶長小判)という金貨を発行しましたが、実際にはほとんど流通せず、将軍と大名間の決裁...

11:26
9/24

アメリカでキリスト教の信仰が衰えた

前回の「最初の移住者は、熱心なプロテスタントだった」の続きです。 アメリカの植民地は移住者にとっては「神の国」ですから、全てがキリスト教中心で動いていました。どこか怪しいと思われた女性は、「魔女」として火あぶりの刑にされました。信仰心の薄い人はいたるところで差別され、下手をすると植民地から追放されました。 当時、信仰心があり人の世話を良くする人たちは、フリーマンと呼ばれていて、彼らだけが植民地の...

17:01
9/23

江戸時代、全ての生産物をお米に換算していた

前回の「殿様も百姓も脱税していた」の続きです。 江戸時代には、全ての日本人が食べられるだけの米がとれていました。百姓は白い米を食べられず、ヒエとアワを食っていたなどというのはデタラメで、例外的な事例をさも一般的なことのように言ったのです。江戸時代は武士が百姓を絞りに絞った非常に過酷な社会だった、という今の常識もウソです。 明治政府は徳川幕府を倒してできた政権ですから、江戸時代を悪く言っていました...

17:04
9/22

殿様も百姓も脱税していた

前回の「脱税社会」の続きです。 幕府の統計資料によれば、江戸中期の日本中の米の生産高は3000万石で、総人口が3000万人です。1人が年間に食べる米の量が平均して1石ですから、話がピタリと合います。 江戸時代の年貢は四公六民といって、収穫量の40%でした。そうすると人口の6%の武士が、自分たちの食べる量の6倍以上の米を得ることになり、人口の80%を占める百姓には必要量の8割5分しか手元に残りませ...

1 - 5 次へ