ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

230位 DOWN

UMAファン ~ 未確認動物

このブログのエントリランキング ( 過去のランキングへ )

1位

3メートルの巨大ゴカイ ~ オニイソメ (ボビット・ワーム)

■3メートルの巨大ゴカイ ~ オニイソメ (ボビット・ワーム)■■Bobbit worm (Eunice aphroditois)■~ 3メートルの巨大ゴカイ捕獲 ~~ 巨大オニイソメ ~ゴカイと呼ばれる生き物がいます。釣りをする人なら絶対知っているミミズとかムカデのような姿をした生物です。ゴカイは、ムカデとはまったく関係なく、ミミズと同じ環形動物 (かんけいどうぶつ) の仲間で、そのほとんどが海生です。ミミズは毛 (剛毛) はあることは...

2位

お尻がハンコ ~ シリキレグモ

■お尻がハンコ ~ シリキレグモ■ ■Cyclocosmia ricketti■ ~ クモ ~ クモの仲間は種類も多く、中にはとてもユニークな生活史を営む種や個性的な姿をした種類も少なくありません。 以前に紹介したピーコック・スパイダーなんかもそんな不思議なクモたちのひとつです。 今回のシリキレグモ、見た目そのまんま命名されたクモです。 ~ シリキレグモ ~ シリキレグモは、通常よく目にするクモの腹部を真ん中あたりですっぱり切断...

3位

450キロの巨大イカ発見

■450キロの巨大イカ発見■■Super Colossal squid was discovered■450キロの巨大イカ発見=世界最重量−南極海 (時事通信)「イカの体長は約10メートル、重さは約450キロにもなり、これまで発見されたイカの中では世界最重量になるという。」だそうです。ついにデカいコロッサル・スクイッド (コロッサル・スキッド、ダイオウホウズキイカ)が見つかってしまいました。我らがヒーロー、ダイオウイカ、大ピンチっす。今日は忙しく記...

4位

最強大蛇ティタノボアに対抗するワニ ~ アンスラコスクス

■最強大蛇ティタノボアに対抗するワニ ~ アンスラコスクス■ ■Anthracosuchus balrogus■ ~ ティタノボア ~ 少なくとも現時点では史上最強・最凶と謳われる超巨大なヘビ、ティタノボア。 恐竜たちが絶滅してしばし、約6000万年前に地球に現れたまさに「大蛇」と呼ばれるにふさわしい生物。最大体長は15メートル前後、体重も1.2トンほどと見積もられています。 現世では体長4、5メートルもあれば無類の強さを誇るヘ...

4位

ハリガネムシ

■ハリガネムシ■■Horsehair worms (Gordian worms)■(コオロギを自殺させ、脱出中のハリガネムシさん動画を見たい方は画像をクリック)〜 はじめに 〜ハリガネムシは、おそらく多くの方がご存じの生き物でないかと思います。特に男性の方は、ちびっ子時代に、自慢のカマキリのおしりからニョッキリ顔を出すハリガネムシを見て、ドン引きした経験も多いかと思います。(ハリガネムシが寄生している) カマキリのおしりを水に浸すと...

6位

超巨大淡水エイ ~ ヒマンチュラ・チャオプラヤ

■超巨大淡水エイ ~ ヒマンチュラ・チャオプラヤ■■Giant ray in freshwater (Himantura chaophraya)■(巨大淡水エイと人間の対比図)~ 淡水エイ ~サメとエイは似たような生きもので、エラ (鰓裂 - さいれつ) の開いている位置で区別します。一般的に、というか少なくとも日本では、エイやサメといえば「海の生物」というイメージが強いと思いますが、実際にはそうではありません。確かに、サメの仲間で淡水でも生息出来るのは...

7位

巨大クラゲ ~ ディープスタリア・エニグマティカ

■巨大クラゲ ~ ディープスタリア・エニグマティカ■ ■Deepstaria enigmatica■  (下の動画から想像された謎の生物の全体像)~ 謎の深海生物 ~ 以前にちょっと話題になったので知っている人も多いと思いますが、得体の知れない巨大なシート状の物体が深海を漂う動画があります。 生物なのかどうかすら分からない薄いシート上の「物体」。巨大なクラゲではないか、クジラの胎盤ではないか、いや、これは生物ではなく漁網が...

7位

江戸川の怪魚 〜 エディ

■江戸川の怪魚 〜 エディ■ ■Eddie■ (江戸川にはこのピラルク級の怪魚の噂が) 〜 魚の毒 〜 「毒を持つ魚」を大きく分けると、オニダルマオコゼやアカエイなどのように「毒針」を持つタイプと、フグやアオブダイのように食べて中毒になるタイプの2つに分けることが出来ます。 「食べて毒」といえばやはり日本人にはフグが一番なじみ深いでしょう。 このフグの毒は、フグの学名 (Tetradontidae) と生物毒 (toxin) を掛...

7位

ミシガン・ドッグマン (ミシガンの犬男)

■ミシガン・ドッグマン (ミシガンの犬男)■ ■Michigan Dogman■ 〜 2xx7年7月7日 〜 ドッグマンとは、名前の通り、イヌ (オオカミ) と人間のハイブリッド系UMAです。アメリカ、ミシガン州のベンゾニアに現れることから、ミシガン・ドッグマンと呼ばれます。 ドッグマンは、10年に一度、(下一桁に)7のつく年の7月7日に人類の前に現れる、という逸話からも分かるとおり、カエル男やヒツジ男などと同様、たいへん都市伝...

7位

レッド・デビル 〜 アメリカオオアカイカ

■レッド・デビル 〜 アメリカオオアカイカ■ ■Humboldt squid (Dosidicus gigas)■ 〜 深海に棲息する「赤い悪魔」 〜 (アメリカオオアカイカの動画 ※画像をクリックするとYouTubeに飛びます) 〜 身近な巨大イカ 〜 ダイオウイカやコロッサル・スクイッド (ダイオウホウズキイカ) などは滅多に見ることが出来ないため、捕獲されるとニュースになります。 生きている姿を、ビデオではなくこの目で一度は見てみたいもので...

7位

超巨大翼竜 〜 ケツァルコアトルス

■巨大翼竜 〜 ケツァルコアトルス■ ■Quetzalcoatlus northropi■ (ケツァルコアトルスのスライドショー ※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます) 〜 羽毛の生えたサーペントの神 〜 ケツァルコアトルスは白亜紀の後期に棲息していた最後の翼竜のひとつで、翼竜にとどまらず、現在知られる史上もっとも大型の飛行生物です。UMAよりも神秘的です。 以前は翼の化石の一部のみしか発見されておらず、大きさ以外ほとんどなに...

7位

人間に寄生する ヒトヒフバエ

■人間に寄生する ヒトヒフバエ■ ■Human botfly (Dermatobia hominis)■ (背中からヒトヒフバエの幼虫摘出動画 グロ注意 この画像は摘出したヒトヒフバエの幼虫 ※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます) 〜 人体寄生蝿 〜 今回はヒトヒフバエです。テレビとかにもときたま出ているのでご存じかと思います。 正直、ちょっとというか、すんごく気持ち悪いのですが、このハエの姿が気持ち悪いというわけではありません。別に...

7位

アンドリュー・クロスの不思議なダニ

■アンドリュー・クロスの不思議なダニ■ ■Andrew Crosse acarus■ 〜 クロスの不思議なダニ 〜 今回は世界一小さなUMA、「クロスの不思議なダニ」です。 「クロスの不思議なダニ」を見ていく前に、話を分かりやすくするため、原始の地球における生命の誕生をすんごく簡単に見ていきましょう。 〜 原始地球 〜 地球が出来て間もない頃、地球には生命の源となる有機物は存在していませんでした。生物の体を構成する有機...

7位

生きた化石 シーラカンス

■生きた化石 シーラカンス■■Coelacanth■(インドネシアのスラウェシ島沖で撮影されたシーラカンスの動画※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)〜 シーラカンス発見史 〜6500万年前に絶滅したと考えられていたシーラカンス、1938年に発見されてから、現在まで数百匹も捕獲されており、最近では生きている自然の姿も見ることが出来るようになりました。今ではみなさん知っておりますし、特にこれといって付け加えることもあ...

7位

水生巨大ムカデ? コン・リット

■巨大ムカデ型UMA コン・リット■■Con Rit■〜 ムカデ?クジラ?サメ? 〜(ゼウグロドン [バシロサウルス])〜 海生巨大ムカデ 〜コン・リット (コンリット, Con Rit) とは東南アジア、特にベトナムの海岸沿いで目撃される巨大な海生UMAで、その姿は巨大なムカデのようだといわれています。この "Con Rit" という言葉はベトナム語であり、その意味はずばり「ムカデ」です。ちなみにベトナムの古い民話には、コン...

7位

未来のダイオウイカ メガスクイド

■未来のダイオウイカ メガスクイド■■Megasquid■〜 巨大な無脊椎動物 〜現在、背骨 (脊椎) を持たない生物、つまり無脊椎動物 (せきついどうぶつ) の中で一番大きくなるのは深海に生息するダイオウイカです。コロッサル・スクイッド (or コロッサル・スキッド、ダイオウホウズキイカ) の方が (外套が) デカくなる、とも言われていますが、いずれにしろ頭足類が無脊椎動物の中で一番大きくなることは間違いありません。恐竜が現...

17位

巨大ガニ ~ タスマニアオオガニ

■巨大ガニ ~ タスマニアオオガニ■ ■Tasmanian giant (king) crab (Pseudocarcinus gigas)■ ~ 世界最重量のカニ ~ 世界最大のザリガニ、タスマニアオオザリガニが生息しているのはタスマニア島ですが、同じ甲殻類でザリガニの親戚といってもいいカニの世界最大のものが生息するのもこれまたタスマニア (オーストラリア南東およびタスマニア近海) です。タスマニアオオガニといいます。 厳密に言えば、日本人にとっては馴染...

17位

深海で撮影された超巨大鮫 ~ メガロドン?

■深海で撮影された超巨大鮫 ~ メガロドン?■ ■MEGALODON Caught on Camera - Giant Shark■ ~ メガロドン ~ 巨大ザメのネタをもう一つ。 正確な大きさは分かりませんが、見るからに大きそうなサメがゆったりと海底を泳いでいます。 ビデオのタイトルは「カメラに捕らえられたメガロドン (MEGALODON Caught on Camera)」 サメは軟骨魚のため歯を除いて化石化することは希なため、絶滅したサメの姿を確実に知る方法はありませ...

17位

62フィート (19メートル) のメガロドン、撮影される

■62フィート (19メートル) のメガロドン、撮影される■ ■Megalodon Shark Caught On Camera 62 Feet Long■ ~ メガロドン ~ (何かが写っているのか分かりますか?)現在でもB級海洋パニック映画の題材として数多く取り上げられるメガロドン。最大体長は15メートルを超すと考えられ、肉食系のサメとしては史上最大のサメとして知られています。 定説では、とっくのむかし (およそ150万年前) に絶滅したと考えられているメ...

17位

巨大魚 ~ ゴリアテ・グルーパー (ゴライアス・グルーパー)

■巨大魚 ~ ゴリアテ・グルーパー■ ■Goliath grouper (Epinephelus itajara)■ (328kgのゴリアテグルーパー)~ ゴリアテグルーパー ~ ゴリアテ・グルーパー (イタヤラ, Epinephelus itajara) は、ジャイアント・グルーパー (タマカイ, Epinephelus lanceolatus) と並び大物の多いハタの仲間としても、もっとも巨大になる種です。 ゴリアテとは旧約聖書に出てくる巨人の名で、英語圏では巨大生物の名に「巨大」さを象徴するこ...

次へ