ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

464位 DOWN

生命保険、医療保険に加入する前に知っておきたい、社会保険の知識

このブログのエントリランキング ( 過去のランキングへ )

1位

退職した後に健康保険証を返却しないとどうなるか?

「健康保険証の未返却問題とそれに関する勘違いとは」と題する記事を、10月27日のブログに記載した後、次のようなキーワードで検索して、このブログに辿り着いた方が急増しております。・退職した後に、健康保険証を返却しないとどうなるか?(健康保険証を返却したくない)・誤って退職した後に、健康保険証を使ってしまうとどうなるのか?(誤って期限の切れた、または無効の健康保険証を使ってしまうと、どうなるのか?...

2位

平成28年(2016年)度の現役世代の介護保険料は過去最高へ

平成28年(2016年)2月24日の朝日新聞を読んでいたら、40~64歳の介護保険料、月平均5352円で過去最高へと題した、次のような記事が掲載されておりました。『現役世代の40~64歳が支払う2016年度の介護保険料は、1人当たり平均で月5352円になる見通しとなった。前年度より175円増え、過去最高になる。本人負担は、原則としてこの半額。厚生労働省が推計した。介護保険は利用者が原則1割を負...

2位

2年が経過しても保険料や延滞金などの徴収から逃れられない

社会保険や労働保険に関する法律のうち、医療保険について記載されたものを見ていると、どの法律でも保険料などの時効について、規定されておりますが、例えば次のようになります。■健康保険法(第百九十三条第一項)『保険料等を徴収し、又はその還付を受ける権利及び保険給付を受ける権利は、二年を経過したときは、時効によって消滅する』この「保険料等」には延滞金(3月19日のブログを参照)や、日雇特例被保険者に係...

2位

法人契約の生命保険を契約転換した場合の仕訳方法

契約転換(8月27日のブログを参照)とは、すでに契約している生命保険の責任準備金(以下では「転換価格」で記述)を、新しく契約する生命保険の保険料の一部に充当する事により、保険金の金額を変えずに保険料を減らしたり、保険料を変えずに保険金の金額を増やしたりできる制度になります。この契約転換には転換価格を、養老保険(4月24日のブログを参照)や終身保険(8月7日のブログを参照)の保険料のみに充当する...

5位

平成29年(2017年)から実施される保険関連の法改正とは

平成29年(2017年)から実施される保険関連の法改正は、主に次のようなものがあります。■1月からの改正点地震保険料率が全国平均で5.1%引き上げされ、多くの都道府県で保険料が値上げされます。また地震保険の損害区分は従来、「全損」、「半損」、「一部損」の3区分だったのですが、「全損」、「大半損」、「小半損」、「一部損」の4区分に改定されます。その他には次のような雇用保険の改正が実施され、これは地...

5位

金融庁が問題にする「一時払外貨建て変額保険」はもう買いませんよね?

平成28年(2016年)5月24日のサンケイビズを読んでいたら、銀行窓販の保険手数料、開示見送り 金融庁、マイナス金利が逆風にと題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。『金融庁は銀行窓口で販売される保険商品について、10月に予定していた手数料の開示を見送る方針を固めた。過度に手数料の高い保険商品を銀行が勧めるケースがあり、透明化のため、開示させる方向だった。ただ...

5位

出産手当金と育児休業給付金は併給できない

健康保険の被保険者である従業員が出産で仕事を休み、給与を受けられない時は、出産日(出産予定日より遅れた時は出産予定日)以前42日(多胎出産の場合は98日)から、出産日後56日まで、出産手当金(2月4日のブログを参照)が支給されます。また雇用保険の被保険者である従業員が、満1歳未満の子を養育するため仕事を休み、給与を受けられない時は、子が1歳に達する日まで、育児休業給付金(2月26日のブログを参...

5位

国民健康保険の罰則とは

国民健康保険の罰則は次のようになりますが、(5)と(6)は保険者(市区町村、国民健康保険組合)が、条例(国民健康保険組合は規約)に定めれば、過料(国民健康保険組合は過怠金)を科する事ができるというものであり、定めがなければ科せられません。(1)1年以下の懲役または100万円以下の罰金国民健康保険の運営に係わる次のような者が、正当な理由がないのに、国民健康保険事業に関して、職務上知りえた秘密を漏...

5位

従業員が60歳に達した時の高年齢雇用継続基本給付の請求手続き

雇用保険の被保険者であった期間が5年以上ある従業員の賃金が、60歳時点の賃金と比較して、75%未満に低下した場合には、60歳に達した日の属する月から65歳に達する日の属する月まで、高年齢雇用継続基本給付を受給できます。注:60歳に達した時に、雇用保険の被保険者であった期間が5年未満の従業員の場合には、それが5年以上になった時から、高年齢雇用継続基本給付を受給できます。高年齢雇用継続基本給付は、...

5位

業務上の病気やケガで休職した時の休業補償給付の請求手続き

労災保険の適用される従業員(5月12日のブログを参照)が、業務上の病気やケガで仕事を休み、給与を受けられない時は、給付基礎日額(12月7日のブログを参照)の約60%に相当する、休業補償給付(5月7日のブログを参照)を受給できます。注:「給与を受けられない時」とは、給与が全く支払われない場合だけでなく、給与が支払われても1日あたりの金額が、給付基礎日額の約60%未満の場合も含みます。この休業補償...

5位

税務署に否認されないハーフタックスプランの要件とは

ハーフタックスプランとは福利厚生などの目的で法人が、次のような契約形態(死亡保険金の受取人が法人ではなく、被保険者の遺族になっている点がポイントになります)で、養老保険(4月24日のブログを参照)に加入する場合を示します。・保険契約者:法人・被保険者:(すべての)役員や従業員・死亡保険金の受取人:被保険者の遺族・満期保険金の受取人:法人これがハーフタックスプランと呼ばれる理由としては次のように...

5位

法人契約の生命保険から契約者貸付を受けた場合の仕訳方法

契約者貸付(4月14日のブログを参照)とは、保険契約者が一時的に資金を必要とした場合に、解約返戻金(9月12日のブログを参照)の一定範囲内で、保険会社が貸付を行う制度です。例えば次のように法人が保険契約者となり生命保険に加入して、その生命保険から契約者貸付を受けた場合、その仕訳は(1)~(5)のようになります。・保険契約者:法人・被保険者:役員や従業員・保険金の受取人:法人(1)契約者貸付を受...