ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

379位 DOWN

生命保険、医療保険に加入する前に知っておきたい、社会保険の知識

このブログのエントリランキング ( 過去のランキングへ )

1位

労働保険料算定基礎調査で追徴金や延滞金が徴収される場合とは

労働保険の概算保険料と確定保険料の申告と納付、いわゆる年度更新は確定申告などと同じように、事業主などが自分で保険料を計算して、その金額を定められた期限までに納付します。そのため計算を間違えたり、不正を行ったりしている可能性がありますので、無作為抽出で労働保険料が正しく申告されているかを調査する、「労働保険料算定基礎調査」が労働基準監督などによって行われます。また無作為抽出で調査対象が選ばれるだ...

2位

労働保険の概算保険料と確定保険料に関する仕訳方法

労働保険(労災保険、雇用保険)の、適用事業所(4月10日のブログを参照)の事業主は、従業員の給与から保険料を控除して、労働基準監督署、銀行、郵便局などに納付しなければなりませんが、その仕訳方法と勘定科目は次のようになります。(1)概算保険料を納付する時労働保険の保険料は4月1日から翌年3月31日を「保険年度」として、1年分をまとめて算出します。その手順としては保険年度の当初において、その保険年...

3位

退職した後に健康保険証を返却しないとどうなるか?

「健康保険証の未返却問題とそれに関する勘違いとは」と題する記事を、10月27日のブログに記載した後、次のようなキーワードで検索して、このブログに辿り着いた方が急増しております。・退職した後に、健康保険証を返却しないとどうなるか?(健康保険証を返却したくない)・誤って退職した後に、健康保険証を使ってしまうとどうなるのか?(誤って期限の切れた、または無効の健康保険証を使ってしまうと、どうなるのか?...

4位

国民健康保険組合への補助金は平成28年(2016年)度から削減へ

平成27年(2015年)2月21日の毎日新聞を読んでいたら、<国保組合>補助率削減へ…社保審部会と題したニュースが、記載されておりましたが、冒頭の一部だけを紹介すると次のようになります。『医療保険制度改革関連法案が20日、厚生労働相の諮問機関、社会保障審議会医療保険部会で了承された。国民健康保険(国保)の運営主体を市町村から都道府県に移管することが柱だが、医師らの医療保険「国保組合」への定率国...

4位

法人契約の生命保険などに加入して保険料を支払った場合の仕訳方法

法人契約の生命保険や医療保険に加入して、保険料を支払った場合の仕訳方法については、それぞれの保険ごとに次のようなページで紹介しました。■法人契約の生命保険・定期保険(12月8日のブログを参照)・終身保険(11月19日のブログを参照)・養老保険(11月13日のブログを参照)・定期付養老保険、定期付終身保険(5月28日のブログを参照)・総合福祉団体定期保険(12月10日のブログを参照)・逓増定期保...

6位

法人契約の生命保険を契約転換した場合の仕訳方法

契約転換(8月27日のブログを参照)とは、すでに契約している生命保険の責任準備金(以下では「転換価格」で記述)を、新しく契約する生命保険の保険料の一部に充当する事により、保険金の金額を変えずに保険料を減らしたり、保険料を変えずに保険金の金額を増やしたりできる制度になります。この契約転換には転換価格を、養老保険(4月24日のブログを参照)や終身保険(8月7日のブログを参照)の保険料のみに充当する...

7位

法人契約の生命保険を譲渡する場合の仕訳方法

法人が保険契約者になり次のような契約形態で、勇退時の役員退職金の準備(10月22日のブログを参照)などのため生命保険に加入した場合、社長または役員の退職時に生命保険を解約して、解約返戻金(9月12日のブログを参照)を法人が受け取ります。・保険契約者:法人・被保険者:社長または役員・保険金の受取人:法人そして法人が受け取った解約返戻金を役員退職金として、社長または役員に引き渡しますが、退職時に生...

8位

2年が経過しても保険料や延滞金などの徴収から逃れられない

社会保険や労働保険に関する法律のうち、医療保険について記載されたものを見ていると、どの法律でも保険料などの時効について、規定されておりますが、例えば次のようになります。■健康保険法(第百九十三条第一項)『保険料等を徴収し、又はその還付を受ける権利及び保険給付を受ける権利は、二年を経過したときは、時効によって消滅する』この「保険料等」には延滞金(3月19日のブログを参照)や、日雇特例被保険者に係...

9位

平成30年(2018年)4月から、標準生命表が11年ぶりに改定へ

平成29年(2017年)3月29日の朝日新聞を読んでいたら、死亡保険、来春に値下げか 生保保険料の算出基準改定へと題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。『生命保険各社が商品の保険料を決める際の基準となる「標準生命表」が来春、11年ぶりに改定される見通しとなった。長生きする人が増えたことを反映するため。来春から終身の死亡保険料は値下がりする一方、医療保険は値上が...

9位

平成28年(2016年)度の現役世代の介護保険料は過去最高へ

平成28年(2016年)2月24日の朝日新聞を読んでいたら、40~64歳の介護保険料、月平均5352円で過去最高へと題した、次のような記事が掲載されておりました。『現役世代の40~64歳が支払う2016年度の介護保険料は、1人当たり平均で月5352円になる見通しとなった。前年度より175円増え、過去最高になる。本人負担は、原則としてこの半額。厚生労働省が推計した。介護保険は利用者が原則1割を負...

9位

内縁関係ではない同棲の彼女を健康保険の被扶養者にはできない

先日男性の知人からお付き合いしている彼女と、同棲を始めたという報告を受けましたが、その際に次のような質問を受けました。『今彼女は無職で仕事を探しておりますが、仕事が見つかるまでの間、自分が加入している健康保険の、被扶養者にできませんか?』健康保険の被扶養者にできる要件については、2月26日のブログに記載しましたが、原則として健康保険の被保険者の、3親等内の親族だけになります。注:健康保険には全...

9位

生命保険の保険料の払い込みに関する事務手数料の仕訳方法

生命保険の保険料を支払う事を「払い込み」と言いますが、その払い込み方法には次の5種類があります。(1)口座振替扱い口座自動引き落としにより払い込む方法になりますが、若干の割引があります。(2)団体扱い勤務先などの団体を通じて払い込む方法になりますが、若干の割引があります。(3)集金扱い集金に来る集金担当者に払い込む方法になりますが、割引制度はありません。(4)振込扱い保険会社の口座に払い込む方...

9位

健康保険の被保険者の資格を喪失する場合と喪失しない場合

適用事業所(10月12日のブログを参照)、または任意適用事業所(10月15日のブログを参照)に使用される健康保険の被保険者が、これらに使用されなくなった場合、全国健康保険協会または健康保険組合に資格喪失届を提出します。しかし次のようなケースでは健康保険の被保険者の資格を喪失する場合と、喪失しない場合があります。(1)休職の場合休職とは使用関係を存続したまま、一時的に労務に服する事を停止する処分...

14位

健康保険や国民健康保険の現金給付に関する仕訳(勘定科目)を考える

健康保険の保険給付は原則的に、保険医療機関、保険薬局、訪問看護事業者などに1割~3割の自己負担を支払い、9割~7割分の医療サービスを受ける、「現物給付」になります。ただ一部の保険給付は、保険者(全国健康保険協会、健康保険組合)から現金が支給される「現金給付」になりますが、これらを整理すると次のようになります【現物給付】療養の給付、入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費、訪問看護療...

14位

出産手当金と育児休業給付金は併給できない

健康保険の被保険者である従業員が出産で仕事を休み、給与を受けられない時は、出産日(出産予定日より遅れた時は出産予定日)以前42日(多胎出産の場合は98日)から、出産日後56日まで、出産手当金(2月4日のブログを参照)が支給されます。また雇用保険の被保険者である従業員が、満1歳未満の子を養育するため仕事を休み、給与を受けられない時は、子が1歳に達する日まで、育児休業給付金(2月26日のブログを参...

14位

雇用保険や傷病手当金の代わりは所得補償保険が候補になる

病気やケガ、それによる介護や死亡など、人生には様々なリスク(偶然おこる予期せぬ出来事)が溢れておりますので、多くの方が民間の保険会社が運営する、何らかの保険に加入しております。しかし上記のようなリスクに対応するため国は、健康保険や厚生年金保険などの社会保険を制定しており、その社会保険への加入は、法律で義務付けられております。ですからどんなリスクであっても、まず強制加入である社会保険の保障内容に...

14位

健康保険の被保険者や保険給付の優先順位とは

健康保険の被保険者の期間に、空白(ブランク)は生じないという話については、10月27日のブログに記載しました。この理由として現在の日本は「国民皆保険」だからであり、すべての国民が何らかの健康保険に、加入しなければなりません。また健康保険の被保険者の期間に、重複は生じないという話については、11月5日のブログに記載しましたが、その優先順位は例えば次のようになると思うのです。健康保険の被保険者>国...

14位

労働保険の継続事業の一括とは

労働保険(労災保険や雇用保険)は事業所ごとに、保険関係が成立したり消滅したりするので、各地に支店や工場などがある会社は、その支店や工場ごとに保険関係が成立します。ですから労働保険の保険料の申告や納付、労働保険の保険給付に関する事務は、原則的に支店や工場ごとに行いますが、賃金計算などの経理事務を本社で集中管理している継続事業は、これでは事務処理が煩雑になります。注:継続事業とは事業の期間が予定さ...

14位

個人契約の生命保険を法人に譲渡する場合の仕訳方法

個人契約の生命保険を活用した節税法としては、年末調整や確定申告の際に生命保険料控除を受けるという方法がありますが、平成24年(2012年)の1月1日以降に契約した生命保険については、次の3種類の生命保険料控除が適用されます。・一般の生命保険料控除(12月12日のブログを参照)・介護医療保険料控除(5月26日のブログを参照)・個人年金保険料控除(3月22日のブログを参照)ただこの生命保険料控除に...

20位

同性パートナーを受取人にできる、LGBT対応の生命保険が市場拡大へ 

平成28年(2016年)11月16日の産経ニュースを読んでいたら、LGBT対応サービス続々 同性カップルも「夫婦」…生命保険、ブライダルなど市場拡大と題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。『金融業界では、同性パートナーを配偶者らと同様に家族の対象に加える契約が可能になってきた。東京スター銀行は11月1日、預金金利を優遇する大口顧客の家族の範囲に同性パートナーを...

次へ