ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

426位 UP

生命保険、医療保険に加入する前に知っておきたい、社会保険の知識

このブログのエントリランキング ( 過去のランキングへ )

1位

退職した後に健康保険証を返却しないとどうなるか?

「健康保険証の未返却問題とそれに関する勘違いとは」と題する記事を、10月27日のブログに記載した後、次のようなキーワードで検索して、このブログに辿り着いた方が急増しております。・退職した後に、健康保険証を返却しないとどうなるか?(健康保険証を返却したくない)・誤って退職した後に、健康保険証を使ってしまうとどうなるのか?(誤って期限の切れた、または無効の健康保険証を使ってしまうと、どうなるのか?...

2位

法人契約の生命保険を契約転換した場合の仕訳方法

契約転換(8月27日のブログを参照)とは、すでに契約している生命保険の責任準備金(以下では「転換価格」で記述)を、新しく契約する生命保険の保険料の一部に充当する事により、保険金の金額を変えずに保険料を減らしたり、保険料を変えずに保険金の金額を増やしたりできる制度になります。この契約転換には転換価格を、養老保険(4月24日のブログを参照)や終身保険(8月7日のブログを参照)の保険料のみに充当する...

3位

健康保険や国民健康保険の現金給付に関する仕訳(勘定科目)を考える

健康保険の保険給付は原則的に、保険医療機関、保険薬局、訪問看護事業者などに1割~3割の自己負担を支払い、9割~7割分の医療サービスを受ける、「現物給付」になります。ただ一部の保険給付は、保険者(全国健康保険協会、健康保険組合)から現金が支給される「現金給付」になりますが、これらを整理すると次のようになります【現物給付】療養の給付、入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費、訪問看護療...

4位

平成28年(2016年)度の現役世代の介護保険料は過去最高へ

平成28年(2016年)2月24日の朝日新聞を読んでいたら、40~64歳の介護保険料、月平均5352円で過去最高へと題した、次のような記事が掲載されておりました。『現役世代の40~64歳が支払う2016年度の介護保険料は、1人当たり平均で月5352円になる見通しとなった。前年度より175円増え、過去最高になる。本人負担は、原則としてこの半額。厚生労働省が推計した。介護保険は利用者が原則1割を負...

4位

法人契約の生命保険から配当金を受け取った場合の仕訳方法

保険会社から加入している生命保険などに関して、配当金を支払うという通知があった場合、その仕訳は次のようになりますが、それぞれの配当金の受け取り方によって、仕訳方法が変わってきます。(1)現金方式配当金を現金で受け取る方式になりますが、保険会社から50,000円の配当金を、現金で支払うという通知があった場合、次のように仕訳を行います(一部の団体保険などを除いて、現在はあまり利用されておりません)...

4位

法人契約の生命保険を譲渡する場合の仕訳方法

法人が保険契約者になり次のような契約形態で、勇退時の役員退職金の準備(10月22日のブログを参照)などのため生命保険に加入した場合、社長または役員の退職時に生命保険を解約して、解約返戻金(9月12日のブログを参照)を法人が受け取ります。・保険契約者:法人・被保険者:社長または役員・保険金の受取人:法人そして法人が受け取った解約返戻金を役員退職金として、社長または役員に引き渡しますが、退職時に生...

7位

京都織物卸商健康保険組合が解散する方針を発表へ

平成27年(2015年)2月28日の京都新聞を読んでいたら、織物商社の健保組合解散へ 京都・室町、負債10億円処理後と題した、次のような記事が記載されておりました。『京都室町の繊維商社が加入する京都織物卸商健康保険組合(京都市下京区)が解散する方針を固めたことが27日分かった。負債額10億円を処理したうえで2年後の解散を予定している。同組合は、1955(昭和30)年に設立。現在230社(870...

7位

法人契約の生命保険から保険金を受け取った場合の仕訳方法

法人契約の生命保険に加入して、満期保険金や死亡保険金などの保険金を受け取った場合の仕訳方法については、それぞれの保険ごとに次のようなページで紹介しました。・定期保険(12月8日のブログを参照)・終身保険(11月19日のブログを参照)・養老保険(11月13日のブログを参照)・定期付養老保険、定期付終身保険(5月28日のブログを参照)・総合福祉団体定期保険(12月10日のブログを参照)・逓増定期保...

9位

2年が経過しても保険料や延滞金などの徴収から逃れられない

社会保険や労働保険に関する法律のうち、医療保険について記載されたものを見ていると、どの法律でも保険料などの時効について、規定されておりますが、例えば次のようになります。■健康保険法(第百九十三条第一項)『保険料等を徴収し、又はその還付を受ける権利及び保険給付を受ける権利は、二年を経過したときは、時効によって消滅する』この「保険料等」には延滞金(3月19日のブログを参照)や、日雇特例被保険者に係...

9位

生命保険の保険料の払い込みに関する事務手数料の仕訳方法

生命保険の保険料を支払う事を「払い込み」と言いますが、その払い込み方法には次の5種類があります。(1)口座振替扱い口座自動引き落としにより払い込む方法になりますが、若干の割引があります。(2)団体扱い勤務先などの団体を通じて払い込む方法になりますが、若干の割引があります。(3)集金扱い集金に来る集金担当者に払い込む方法になりますが、割引制度はありません。(4)振込扱い保険会社の口座に払い込む方...

11位

国民健康保険や後期高齢者医療の保険料は必要経費にはならない

先日65歳定年制の罠 (著:岩崎日出俊)という定年退職後の、シニアの起業について記載された本を読みましたが、そこには次のように記載されておりました。『米国では起業の年齢には大きく2つの山があるといわれています。ひとつ目の山は27歳から31歳~32歳。もうひとつの山は、50代の山。…(中略)…実は同じように日本でも最近50代以上の起業家が増えるようになってきました。日本政策金融公庫総合研究所の20...

12位

「保険契約の異動に係る調書」の提出が義務化へ

生命保険会社は一回の支払金額が100万円を超える満期保険金、死亡保険金、解約返戻金(9月12日のブログを参照)、祝金などを受取人に支払った場合、支払調書を税務署に提出します。この支払調書には「誰が、いつ、何の保険金を、いくら受け取ったか」などが記載されておりますが、これを見て税務署は受取人が、正しく税金の申告を行なっているのかを調べているのです。平成27年(2015年)度の税制改正大網を読むと...

13位

金融庁が問題にする「一時払外貨建て変額保険」はもう買いませんよね?

平成28年(2016年)5月24日のサンケイビズを読んでいたら、銀行窓販の保険手数料、開示見送り 金融庁、マイナス金利が逆風にと題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。『金融庁は銀行窓口で販売される保険商品について、10月に予定していた手数料の開示を見送る方針を固めた。過度に手数料の高い保険商品を銀行が勧めるケースがあり、透明化のため、開示させる方向だった。ただ...

13位

ING(アイエヌジー)生命がNN(エヌエヌ)生命に社名変更へ

先日ING生命のホームページを見ていたら、「商号(社名)変更のお知らせ」と題した、平成27年(2015年)4月1日発の、次のような文章が記載されておりました『1986年に日本で初めてのヨーロッパ生まれの生命保険会社として営業を開始した弊社は、2015年4月1日に社名を「アイエヌジー生命保険株式会社」から「エヌエヌ生命保険株式会社」に変更いたしました。エヌエヌ生命はオランダにルーツを持ち、170...

13位

国民健康保険組合への補助金は平成28年(2016年)度から削減へ

平成27年(2015年)2月21日の毎日新聞を読んでいたら、<国保組合>補助率削減へ…社保審部会と題したニュースが、記載されておりましたが、冒頭の一部だけを紹介すると次のようになります。『医療保険制度改革関連法案が20日、厚生労働相の諮問機関、社会保障審議会医療保険部会で了承された。国民健康保険(国保)の運営主体を市町村から都道府県に移管することが柱だが、医師らの医療保険「国保組合」への定率国...

13位

出産手当金と育児休業給付金は併給できない

健康保険の被保険者である従業員が出産で仕事を休み、給与を受けられない時は、出産日(出産予定日より遅れた時は出産予定日)以前42日(多胎出産の場合は98日)から、出産日後56日まで、出産手当金(2月4日のブログを参照)が支給されます。また雇用保険の被保険者である従業員が、満1歳未満の子を養育するため仕事を休み、給与を受けられない時は、子が1歳に達する日まで、育児休業給付金(2月26日のブログを参...

13位

国民健康保険の特定同一世帯所属者と旧被扶養者とは

平成20年4月からは原則75歳になると、それまで加入していた健康保険や国民健康保険などを脱退して、後期高齢者医療に加入する事になります。また65歳以上75歳未満で、一定程度の障害状態にある方も申請して、「広域連合」の認定を受けた場合には、後期高齢者医療に加入する事になります。注:広域連合とは後期高齢者医療の「保険者」になりますが、保険者とは保険事業の経営主体として、被保険者の記録の管理、保険料...

13位

労働保険事務組合に事務処理を委託するメリットとデメリットとは

労働保険事務組合とは労働保険(労災保険、雇用保険)の、事務処理が苦手な中小企業主に代わって、次のような労働保険の事務を行う団体になります。■労働保険料の申告と納付事業主が行うべき労働保険料(概算保険料、確定保険料)の申告と納付を、労働保険事務組合が代行してくれます。■労働保険の届出などの事務事業主が行うべき労働保険に関する各種の届出を、労働保険事務組合が代行してくれます。■委託事業主への通知労働...

13位

税務署に否認されないハーフタックスプランの要件とは

ハーフタックスプランとは福利厚生などの目的で法人が、次のような契約形態(死亡保険金の受取人が法人ではなく、被保険者の遺族になっている点がポイントになります)で、養老保険(4月24日のブログを参照)に加入する場合を示します。・保険契約者:法人・被保険者:(すべての)役員や従業員・死亡保険金の受取人:被保険者の遺族・満期保険金の受取人:法人これがハーフタックスプランと呼ばれる理由としては次のように...

13位

労働保険の継続事業の一括とは

労働保険(労災保険や雇用保険)は事業所ごとに、保険関係が成立したり消滅したりするので、各地に支店や工場などがある会社は、その支店や工場ごとに保険関係が成立します。ですから労働保険の保険料の申告や納付、労働保険の保険給付に関する事務は、原則的に支店や工場ごとに行いますが、賃金計算などの経理事務を本社で集中管理している継続事業は、これでは事務処理が煩雑になります。注:継続事業とは事業の期間が予定さ...

次へ