ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

2516位 UP

From VALVANE

このブログのエントリランキング ( 過去のランキングへ )

1位

スペイン・ハプスブルク家、断絶の原因は「近親婚」による遺伝性疾患か

歴史上の人物の死因というものには、誰しも興味を掻き立てられやすいかと思いますが、スペイン・ハプスブルク家のお家断絶の原因が、繰り返されてきた同族結婚… 「近親婚」による遺伝性疾患である可能性があるという研究結果が、オンライン科学誌「PLoS ONE」にて発表されました。スペインを174年間に渡って支配したハプスブルク家は、カルロス2世(King Charles II )が世継ぎのないまま、39歳で亡くなったことで、1700年...

2位

ピグミー族の低身長は「環境適応」の結果

「ピグミー族」。成人した男性でも平均身長が155センチ以下という、低身長で知られるピグミー族の人々ですが、彼らが小柄である理由を、英ケンブリッジ大の研究チームが11日までにまとめました。それによると、彼らの特徴「低身長」は、これまで考えられてきた、(1)熱帯森林での生活で体内に熱がこもらない(2)密林で動きやすい(3)食物が乏しい環境で飢えに耐えやすい …といった理由ではなく、環境に適応して進化した結果であ...

2位

「シーランド公国」売却を検討中!

「シーランド公国」…。 イギリス南東部の沖合い11kmにある、面積わずか550平方メートルの小国、「シーランド公国(Principality of Sealand)」では、ただいま国土全部、まるごと売り出すことを検討中です… 不動産購入をお考えの方、この際夢の「マイ“カントリー”」を購入されてみてはいかがでしょう  …と、いきなり言われたところで、「シーランド公国」なんてもの、聞いたことがないですよね? 私も初めて聞きま...

4位

ローマの老舗レストラン「イル・パセット」、法外請求で閉鎖

ローマの老舗レストラン「イル・パセット(Il passetto)」が、法外請求をしたとして、市当局によって閉鎖されました。「イル・パセット」は、ローマの観光スポット、ナボーナ広場近くにある、149年の歴史を誇る、伝統的イタリア料理の老舗レストラン。古くは喜劇王チャールズ・チャプリンやグレース・ケリー、最近ではハリソン・フォードやレオナルド・ディカプリオら著名人も通っていたことで知られ、日本のガイドブック...

4位

ドレスデン・エルベ渓谷、世界遺産登録抹消をユネスコが決定

景観保護か慢性的な交通渋滞の緩和か…で揺れていた、世界遺産「ドレスデン・エルベ渓谷」が、ついに橋の建設に着手したことから、ユネスコは25日、ドイツ東部ドレスデン一帯のエルベ渓谷を、世界遺産リストから外すことに決めました。取り消された世界遺産、ドレスデン・エルベ渓谷Photo : Edwin1710Creative Commons : by,nc 3.0世界遺産「ドレスデン・エルベ渓谷」は、2004年に世界遺産登録された、わずか1年後… 交通渋...

4位

楼蘭、ロプノール、トルファンなどシルクロード地域は「核実験地域」

砂漠に埋もれた古代都市、楼蘭。さまよう幻の湖、ロプノール。『西遊記』にも登場する「火焔山(トルファン)」は、強烈な太陽に照らされて赤く、まさに燃えるよう…。旅を愛するものであれば、ぜひ1度は訪れたい場所ですね。  最近の中国は「SARS」「青耳病」「メラミン混入」「毒ギョウザ」「偽ブランド」「偽ディズニー」「法輪功弾圧」「チベット人弾圧」「政治犯からの臓器移植」「海洋・土壌・大気汚染」等々…で騒がれ...

4位

ヒンドゥー教過激派の暴徒、修道女を焼き殺しレイプするも、警察は黙殺

Orissa Burning …インド東部のオリッサ州で今年8月、ヒンドゥー教の暴徒らがカトリックの修道士、修道女らを襲う事件がありました。1週間近く続いた暴動では、4000軒ものキリスト教徒の家屋や教会、修道院などが焼き討ちに遭い、また、26人が亡くなったとされていますが、実際には100人近い人々が亡くなったのではないかと、推測されています(それだけの人数分に匹敵する量の、切り刻まれた遺体が見つかっている...

4位

マティナ・シャクヤちゃん、王制廃止後初のロイヤルクマリに就任

今月7日、王制を廃止したネパールで3歳の少女が、次の新たな「ロイヤルクマリ(Royal Kumari)」として、就任しました。これは先代のロイヤルクマリが11歳となり、思春期に近づいたことによる引退のためで、この少女も今後7~8年間、ロイヤルクマリの大役を務めた後、引退して普通の少女に戻ることになります。 新たに「ロイヤルクマリ」に就任したのは、マティナ・シャクヤ(Matine Shakya)ちゃん、3歳。伝統が定...

4位

世界遺産の大聖堂にされた落書き、専門家でないと消せません!

京都産業大の男子学生3人が、海外研修旅行として訪れたイタリアのフィレンツェで、世界遺産に指定されているサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に落書きをした件で、大聖堂から京都産業大に「落書きを消した」との連絡が入っていたことがわかりました。大学側は学生3人に7月2日付けで謝罪文を送らせ、落書きを消す作業に参加させる意向を示していましたが、「専門家でないと修復は不可能で費用も必要ない」と断る回...

4位

イランで誘拐の中村さん、救出費用は自己負担に

イランを旅行中に誘拐されていた、横浜国立大4年の中村聡志さん(23)さんが、無事、解放されました。  中村さんは、昨年10月7日、イラン南東部バム付近を旅行中に武装集団に誘拐された後、ずっと隣国パキスタンにて監禁されていましたが、ようやく、およそ8カ月ぶりに解放されました。中村さんは、首都テヘランにある在イラン日本大使館にて、父の淳貴さん(54)と再会後、身柄引き受けのためにイランを訪れる小野...

4位

イギリス人が選んだ「世界最大がっかり」

「世界3大がっかり」って聞いたことはありますか? いくつかのパターンがあるようで、私が聞いたのは「マーライオン、オペラハウス、万里の長城」ですが、「マーライオン、人魚姫像、小便小僧」ないし「マーライオン、人魚姫像、オペラハウス」が、もっぱらの通説のようです。そしてそこに割り込みをかけようとしているのが、ローレライの岩で、それにスフィンクス、トレビの泉、真実の口、リオデジャネイロのキリスト像が...

4位

コモドドラゴンに咬まれ、8歳男児死亡

インドネシア、コモド島…。そこには世界最大級の大トカゲ、コモドドラゴンが生息しています。コモドドラゴンは、体長は3メートル前後、体重は平均90キロと極めて巨大になりますが、体の大きさのわりに動きは素早く、嗅覚も鋭いのが特徴です。そんなコモドドラゴンが住むコモド国立公園内の漁村で、8歳の男の子が亡くなりました。           (写真=コモドドラゴン by CNN) コモド国立公園によると、男の子...

4位

京都迎賓館の鯉 サギがつまみ食い

京都迎賓館――。大使や大臣でもない限りは、年に数日しか「観光地」とならない場所ですが、その京都迎賓館の日本庭園に、毎日のように通ってくる「食客」がいるそうです。 それは、   …じゃなくて、サギ と カワウ! 問題の日本庭園は、京都迎賓館の中央にあり、各部屋や廊下からニシキゴイが泳ぐ様子が見えるようになっており、池には、新潟中越地震で被害を受けた旧山古志村(現長岡市)からも鯉110匹が放たれてい...

4位

「冥婚」 今も息づく中国の習俗

中国で、3人の男が逮捕されましたが、その異様な内容に驚いた方も多いでしょう。男たちは女性を殺害し、その遺体を「死亡した男性の花嫁」として販売していたというのですから。 逮捕された男の1人、陝西省で農業を営むヤン・ドンハイ(38)は、貧しい家庭から1万2000元(約18万8000円)で女性を買った上、殺害。その遺体を1万6000元で売り払ったと言います。他にも彼は2人と共謀して売春婦を殺害。同様に遺体を8000元で...

4位

インド、上流階級や著名人は法律の上を行く

インドでは、上流階級の人々が法律に触れる問題を起こした時、特別な措置が取られるのは『広く当たり前のこと』なんだそうです…  インド東部、ラーンチーの警官であるサフデイン・アーメッド氏は、普通に職務をこなしただけなのに、左遷の憂き目に遭ってしまいました。 交通係の警官だったサフデイン・アーメッド氏がやったことは、「ウィンドウを黒くした(インドでは違法)高級スポーツカーを発見、停車させて罰金を科...

4位

ギリシャが「ウゾ」を勝ち取った!

「ウゾ」(ウーゾ)と言えば、ギリシャを代表するお酒ですが、EU内において、このアニス風味の蒸留酒「ウゾ」を「特産品」と呼ぶ権利を、ギリシャが得ました  これにより、「ウゾ」を生産出来るのはギリシャだけ、また生産したものを「ウゾ」と呼ぶことが認められるのはギリシャ産のものだけとなります。 (例外として、ギリシャは南キプロスに、ウゾ生産の権利を認めています。)               後は…  「...

4位

北京オリンピックの競技ロゴマーク発表

Beijinglotusさんに触発されて、思い出しました。 2008年北京オリンピックの、競技ロゴマークが発表されたんですよね。一目見て、「うわっ、甲骨文字!」と思ったのですが、それは間違いじゃないようで…、「各競技のロゴマークは篆書の書法を基に、中国古代の甲骨文、金文文字などの趣と現代的図形の特徴を融合させたもの」だそうです。