ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネット



ブログ情報

353位 DOWN

医療・看護・作業・理学療法楽研究所―Physical Therapy―

このブログのエントリランキング ( 過去のランキングへ )

1位

ボルグ・スケール(Borg scale):主観的運動強度

ボルグ・スケール(Borg scale):主観的運動強度安全で簡便な全身持久性の指標としては主観的運動強度(rating of perceived exertion:RPT)が考えられます。主観的運動強

2位

Ely test(エリーテスト):整形外科的テスト:理学療法評価

臨床的には、理学療法評価として、あえて大腿直筋の短縮テストという感じではなく下肢を動かしながら確認しているように思います。Ely test(エリーテスト)【姿 位】腹臥

3位

アンダーソン・土肥の基準・アンダーソンの運動負荷基準

アンダーソン・土肥の基準Ⅰ.運動を行わないほうがよい場合 1)安静時脈拍数120/分以上 2)拡張期血圧120以上 3)収縮期血圧200以上 4)労作性狭心症を現在有する

4位

レスキュードーズ

レスキュードーズとは、基本処方では抑えられない突発的な痛みに対して追加的に投与する鎮痛薬です。がん疼痛の場合、看護ケアの時に突発的に痛みが増強することがあり、い

5位

アーネスティン・ウィーデンバック(Emestine Wiedenbach):看護ケア

アーネスティン・ウィーデンバック(Emestine Wiedenbach):看護ケアアメリカの看護学者であるアーネスティン・ウィーデンバックは人間について,保健医療専門職あるいは保

5位

アイダ・ジーン・オーランド(Ida Jean Orland):看護ケア

アイダ・ジーン・オーランド(Ida Jean Orland):看護ケアアイダ・ジーン・オーランド(Ida Jean Orland)によると人間は,言語的・非言語的に行動するユニークな個人であり,

5位

Tinel徴候(Tinel's sign:チネル徴候:ティネル徴候):理学療法評価

Tinel徴候(Tinel's sign:チネル徴候:ティネル徴候):理学療法評価神経が圧迫や外傷で切断されたり、軸索変性を生じると、神経線維の再生過程において、その断端部分やそ

8位

拘縮の分類:Hoffaの分類:理学療法士に必用な知識

拘縮の分類:Hoffaの分類:理学療法士に必用な知識Hoffaによる分類では①皮膚性拘縮,②結合組織性拘縮,③筋性拘縮,④神経性拘縮,⑤関節性拘縮の5つに分類されています.①皮

8位

Uhthoff(ウートフ)現象:多発性硬化症(multiple sclerosis :MS)

Uhthoff(ウートフ)現象多発性硬化症(multiple sclerosis :MS)患者において、体温の上昇により運動機能の低下が生じる現象をUhthoff(ウートフ)現象という。これはWilhelm

8位

アドボカシー(Advocacy)とは?:社会福祉士・介護福祉士

アドボカシーは介護福祉士・社会福祉士のみでなく、看護師などを筆頭に医療従事者すべてに理解が必要な概念ですね。アドボカシー(Advocacy)とは?アドボカシーとは、「人

11位

Berg Balance Scale(BBS):バランス能力評価

Berg Balance Scale(BBS)Berg Balance Scale(BBS)は,Berg Kらによって1989年に報告された14項目からなる総合的なバランス能力評価です.その内容には座位および立位で

12位

ベティ・ニューマン(Betty Neuman):看護ケア

ベティ・ニューマン(Betty Neuman):看護ケアベティ・ニューマンは人間について,生理的,心理的,社会文化的,環境的諸変数からなりたっている全体的存在としています。環

12位

アイモシン・M・キング(Imogene.M.King):キング看護理論:看護ケア

アイモシン・M・キング(Imogene.M.King):キング看護理論:看護ケア人間は,生物心理社会的存在であり,人間は自分自身を知る権利,自分の人生,健康,地域サービスに影

12位

Kempテスト(Kemp's test):整形外科的テスト :理学療法評価

Kempテスト(Kemp's test):整形外科的テスト :理学療法評価腰部椎間板ヘルニアなどに使われているテストです。【方法】患者を立位とし膝を伸展したまま、腰椎を後側屈さ

15位

ジーン・ワトソン(Jean Watson):看護ケア

ジーン・ワトソン(Jean Watson):看護ケアジーン・ワトソンによると,ケアされ,尊重され,養育され,理解され,支援されるべき価値ある人であり,十分に機能的・統合化さ

15位

Lhermitte sign徴候(レルミット徴候、レールミット徴候)

Lhermitte sign徴候(レルミット徴候、レールミット徴候)Lhermitte徴候の定義は「頚部を前屈させると、四肢や体幹への電撃様の異常感覚の放散が誘発される。」とされてい

15位

リハビリテーションno

リハビリテーションは非常に大きな言葉ですので、多くの場合、①医学的リハビリテーション、②社会的リハビリテーション、③職業的リハビリテーション、④教育的リハビリテーシ

15位

レイニンガー(M. Leininger)によるケアリング:看護ケア

Leiningerによるケアリング看護理論家であるレイニンガー(M. Leininger)は、看護の本質がケアリングであると宣言し、ケアリングは回復と癒しにとって不可欠であり、ケア

15位

パトリック テスト(フェーバー テスト):Patrick Test(Faber Test):整形外科的テスト

パトリック テスト(フェーバー テスト):Patrick Test(Faber Test)姿位:仰臥位方法:一側の下肢をあぐらの形に曲げる。上前腸骨棘と反対側の膝を手で押さえて押し広げる

15位

Performance-Oriented Mobility Assessment

Performance-Oriented Mobility Assessment(POMA)Performance-Oriented Mobility Assessment はバランスと歩行の総合的検査として利用されています。POMAは静止時や運動時

次へ